1. HOME
  2. 施設紹介
  3. 2021年5月OPEN!ナーシングホームメディカライフ市原

2021年5月OPEN!ナーシングホームメディカライフ市原

~人と地域を医療と介護で豊かにする~

建物に入ったエントランス部には受付(事務所)と相談室があります。エントランスは段差がなくフラットな作りなので車いすの方もスムーズに移動できます。

現在、コロナウイルス感染症対策のため、入館時にはスタッフによる検温の実施とアルコール消毒による手指消毒を徹底しております。

館内にはAEDを設置しております。厚生労働省のガイドラインでは、「50人以上の高齢者施設では、一定以上の頻度で心停止が発生しており、”AEDの設置が望ましい。”」と明記されており、いまだ設置できていないホームもまだまだ多いのが現状です。
メディカライフでの入居定員はわずか20名の施設ではございますが、あえてAEDを設置する目的は、当施設として、”まず緊急時の対応を”を徹底しているからこそです。

メディカライフの居室フロアの廊下です。車いす3~4台はすれ違えるほどの幅があり、また緊急時での対応としてストレッチャーをスムーズに運ぶことができるよう、広々としております。壁にも手すりをしっかり設置しておりますので、ご入居者様・ご家族様が安心できる設備環境を整えております。

浴室は寝たきりの方でも「温かいお風呂に浸かっていただきたい。」という想いを胸に、安心して温かいお風呂に入浴できるようストレッチャータイプの機械浴を導入しております。

居室は13㎡の完全個室をご用意しております。備え付けの設備は照明・エアコン・カーテン・緊急コール・洗面台になります。ベッドは介護保険を使ってレンタルが可能です。収納はご自宅や他施設で使っていた収納ケース・テレビ・冷蔵庫などをお持ち込みいただけます。他のホームよりも居室内のコンセントの数を多く設置しているのは、重度な方で人工呼吸器や在宅酸素等の機器が必要な方でも使用できるよう、コンセントの数を多くしております。

<安心の介護、医療体制>
看護職員・介護職員が24時間365日常駐。
介護職員が24時間常駐しているホームはさほど珍しくはありませんが、看護師が24時間常駐しているホームは千葉県でも数少ないです。
看護師が24時間常駐しているホームでも受け入れを敬遠されがちな、
・経鼻経管・IVH・気管切開・人工呼吸器・透析・ALS(筋萎縮性側索硬化症)・パーキンソン病・がん末などの、医療依存度の高い方のご入所が可能で、看取りまで対応しております。

2021年5月OPEN!ナーシングホームメディカライフ市原

〒290-0054
千葉県市原市五井中央東1-16-5
電話:0436-37-5556
FAX:0436-37-5561

・訪問看護のメディカライフ市原
・訪問介護のメディカライフ市原